痛みを緩和するメリット

癌がなぜおそろしいか、それは一概に言えません。


その中の一つにいたみというものがあります。


身体的な痛みは慢性的に進行します。


さらに、痛みはとともに新たな症状が現れそれが更なる苦痛がもたらします。


しかも精神的なものが加わってより強くなる傾向があります。


現在では病院が様々な専門家と共に治療だけではなくこういった痛みを緩和する『苦痛のケア』にもとりくんでいます。


各種薬剤を適切に使用することによって安全に痛みを緩和できます。


しかし患者の中には多忙やお金がかかるという理由でなかなか受診できない人もいます。


しかもがん患者の中には慢性的な痛みは承知の上という認識や、医療者が忙しそうだから声をかけるのをためらって遠慮してしまうひともいます。


でも、癌の痛みというのは身体的にだけでなく精神的にも悪影響を及ぼすため緩和することは必要なことです。
痛みが出た場合は遠慮せずに医者に見てもらいましょう。