癌の痛み

がんによって引き起こされる痛み

骨 
がんによって骨が傷害されて激痛がはしります。

内臓
 胃、腸、胆管尿管などが閉塞します。びまん性の痛みがするようになります。


軟部組織 がんの成長によって筋肉や腹膜が引き伸ばされて痛みが生じます。


神経
 神経がはかいされて圧迫を受けて焼けるようないたみがします。

リンパ管 
 リンパ管炎によって主要が血管に浸潤して血管の濃縮がおこってびまん性の痛みが生じます。



 がんが脳に生じるとびまん性の頭痛がします。とくに朝起きたときにひどい頭痛を感じるでしょう。


こういった痛みばかりに目を向けていると余計にいたみがひどくなります。


日光浴、入浴、散歩、などのリラックスをして気分転換をするようにしましょう。


入浴は清潔を保つにも有効な手段です。


体にチューブがつけてあっても防水用具をよういすれば入浴することは可能です。


またそのほかに音楽療法、作業療法などがあり痛みを紛らわしてくれます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3565042

この記事へのトラックバック

膀胱腫瘍
Excerpt: 無症候性血尿といって全く痛みなどの随伴症状を伴わない血尿の場合は尿路系の悪性腫瘍の可能性があります。すぐに泌尿器科の専門医をまず受診して下さい。
Weblog: ガン 癌 110番
Tracked: 2007-03-21 23:13

音楽療法士の資格とは?
Excerpt: 音楽療法士の資格について説明しています。
Weblog: 音楽療法士の資格について
Tracked: 2007-03-23 13:34

作業療法士の夜間専門学校について
Excerpt: 作業療法士の夜間専門学校を紹介しています。
Weblog: 作業療法士の夜間専門学校
Tracked: 2007-03-24 11:00